大学でその教科を専攻した


大学でその教科を専攻したものを、塾講師として教えていくことになれば安心して今まで蓄えてきた知識や能力を活用して教えていくことは可能です。 しかし講師になるにあたり、専攻科目ではなかった科目を教えなければいけないこともあります。塾で小学生に教える程度でしたら、特に専攻科ではなくても講師として教える立場の人間には難しくないはずです。



しかし年齢が上がり中学生や高校生になってくればその内容にも濃さが出てきますし受験対策として日々の授業を行っていくわけですから、浅はかな知識で教えるということには、大きな不安があるかもしれません。 文系の人が理系科目を教えるといったことはそれほど多くないと思いますが全くないとも言えないのです。 専攻以外の教科を担当するには、それだけの時間も労力がかかります。 大学で専攻していないので、それだけの準備は必ず必要になります。



大学でその教科を専攻したので、講師として働きたいという志望動機はありがちなものですが、その志望動機がスムーズに受けいれてもらえるかどうかは、 それぞれの塾によっても方針が違いますので気になる人は面接のときにそのあたりはきちんと確認しておくことが必要になります。