子供が好き


子供が好きで塾講師になりたいと思うことが動機として面接を受ける人もいます。教える相手は子供ですので、好きな子供相手に勉強を教えることについては、合っていると考えます。 講師になる動機には、いろいろありますが基本的に子供が苦手な人は講師には向いていないでしょう。



子供は時に大人が思うように動いてくれないことも多いですし、その考えもまったくわからないこともあります。 成長過程の子供相手に勉強を教えていくのですから、子供が苦手で思い通りにいかなければイライラしてしまう人が講師になってしまうと、授業にも影響してきてしまいます。 動機として子供好きなことは大きなメリットになると考えます。反対に苦手だったのだが、講師として働き始めて子供たちと接していくうちに、子供のことが好きになったというケースもあります。



子供には子供の世界観がありますし大人には理解できない行動や思想もありますが、それらを講師として接していくうちに子供たちが大好きになっていった人も実際いるものです。 思い通りにいかないことを前提にして、子供たちと接していくことでコミュニケーションも上手にとれるようになりますし、理解できること子供に信頼されるようになっていくものです。