人に教えるのが好き


人に教えるのが好きな人は、講師に向いていると考えます。ただし、教えるという行為には簡単なものではありません。 学習などでは、成績を上げるためには生徒たちにしっかりと勉強内容の理解をしてもらわなければいけません。 人に対して教えることは好きな人と言うのは、自身でも知識を深めていこうとするものです。



また単に教えることが好きなだではなく、子供も好きなことです。 子供たちと話をしたり接したりすることが楽しく思えたり、休憩時間にあそんだりすることがすきであれば講師になることには問題はないと考えます。 子供をあまり好きになれない人では、教える立場の人間としては問題があります。 講師の仕事は教えるという立場から、相手にも信頼をしてもらい心を開いてもらわなければ理解もされませんし、良い方向へと向かいません。



人に教えることが好きだということと子供が好きと言うことが同じような大きさの気持ちをもっていないことには、講師として向いているとは言えないものになってしまいます。 塾に来る生徒たちは、学校へも通っています。先生と同じように時には親身になって講師として接していうことも必要になっていくのです。 単に人に教えることが好きだということでは続かない仕事になるでしょう。