塾講師の志望動機


塾講師の志望動機には、様々な理由があります。収入を増やしたい、将来的には教員になりたいからその前に講師として経験を積みたい、生徒と先と言う関係に魅力を感じるなど様々な理由があります。 講師として働くことができれば、収入は入ってきます。講師として働いている人たちの中には副業として講師をしている人もいます。 子供たちを教えるために知識と学力があれば講師として働くことも可能です。また将来は教員として生計をたてていこうと思っているという考えの人もいます。 講師として教壇の前に立って生徒を指導していくことについては、学校の先生となんら変わりはありませんし、生徒たちとのコミュニケーションをとることでも教員と違いはないものです。



生徒との接し方も講師には必要で大切なことですし、それが教員となれば少しは経験の足しになるものです。 また、先生と教師との特殊な関係にあこがれを持つ人もいます。子供に対して指導をしていくということでは、自分が相手以上の立場になります。 それゆえに学力も能力も様々な部分で長けていなければいけません。



講師として働くには、学力だけが高ければよいというわけではないのですが、講師を志望する人たちの中には考えが少し足りない人間もすくなからずいるということになります。 志望動機として学力があり知能があるからと考えてしまうと指導力がない場合などでは、生徒がついていてくれなくなる場合もあります。 また教職に就いていた人で、何らかの理由で途中退職してしまう場合でも講師として転職を考える人もいます。




<外部リンク>
塾、家庭教師になる情報があり、参考になります === 家庭教師 動機